ヘモグロビンa1cとは

ヘモグロビンa1cとは記事一覧

ヘモグロビンa1cの高低を判断する前に注意すべき点があります。それはヘモグロビンa1c値の表記が混在している点です。ヘモグロビンa1c値にはJDS値という日本ローカルな値の表記とNGSP値という国際的な表記法があり、基本的にJDS値に0.4を足すとNGSP値になります。従来はJDS値が使われており2012年から日本でもNGSP値による表記に切り替わりましたが、まだJDS値で表記しているところもある...

ヘモグロビンa1cは糖尿病を調べるための指標ですので、これが高ければ当然ながら糖尿病と言うことになります。糖尿病は血糖値が下がらずに高血糖状態が続く病気で、高血糖状態が持続することにより様々な合併症を引き起こします。高血糖状態ではまず血管が内側から破壊されていくため、動脈硬化やそれによる虚血性疾患、末端の毛細血管が破壊される事による足先の壊死などが起こることとなります。そして、血管を引き込んでいる...

トップへ戻る